活動報告(プライバシー保護の為一部変更しております)

不動産登記

長年にわたり放置されている抵当権(休眠担保権)の抹消

投稿日:2023.4.3 最終更新日:2023.10.30

司法書士 権藤 健裕

100年以上前に設定された抵当権の抹消

明治時代に設定された抵当権の抹消依頼をいただきました。
依頼者のご先祖が「100年以上前にお金を借りた時に設定した抵当権」の登記が残っているということです。
このような抵当権を一般的に休眠担保権と呼んでいます。
抵当権者(お金の貸し手)は個人名でした(Aさんと呼びます)
返済は終わっていると思われるのですが、返済が完了したことを証明する書類は残っていません。
将来不動産を売却したり、不動産を担保にして銀行から借り入れをする場合にはこの抵当権を抹消することを求められます。
放置しておけば将来困ることになるかもしれません。
依頼者は子や孫に迷惑をかけたくないとの理由で抹消を決意されました。

休眠担保権の抹消方法

通常の抵当権抹消は権利者(不動産所有者)と義務者(お金の貸主)が共同で管轄法務局に申請することにより行います。
ご先祖様がAさんに返済した時に抵当権を抹消しておけば通常通りの申請で大丈夫でした。
今回のように古い抵当権抹消の登記義務者(個人のAさん)は亡くなっていると予想されます。
本来ならば、Aさんの相続人を調査した上で、相続人全員に協力をお願いして不動産所有者と相続人全員が共同で申請します。
相続人は相当な大人数になることも多いですが、仕方がありません。

行方不明の抵当権者

休眠担保権の問題は義務者も相続人も調査の結果見つけることが出来ないケースが多いことです。
住民票や戸籍で判明しなければ、子孫が同じ住所地に住んでいる場合等でなければ探すことは困難です。
今回のAさんも調査の結果、相続人を見つけることは出来ませんでした。

法務局との打合せ

義務者Aさんについて調査した結果手がかりが見つからなかったという書類を揃え、元金・利息・遅延損害金を法務局に供託して、抹消する方法を選択しました。
この当時の借入金は100円以下のものが多いので、現在までの利息・損害金を加算しても供託金額は数千円以下です。
明治時代の100円と現在の100円では全く価値が異なるのですが、それを考慮する必要はありません。
この方法を使うには条件があり、事前に法務局との打合せが必要です。
申請する日を決め、供託する金額や供託書の記載内容について確認をしておきます。
準備に結構時間がかかりますし、登記申請後も完了するまで心配でした。
無事抵当権を抹消することが出来、長年不安を感じておられた依頼者には大変喜んで頂くことが出来ました。
この制度の存在は本当に有難いと思います。

PAGE TOP