ブログ

法定相続情報証明制度利用のすすめ

相続手続きは自分で出来ます

平成29年5月29日に法定相続情報証明制度が始まりました。
必要な書類を法務局に提出することで、法定相続情報というものを作成することが出来ます。
これは、亡くなった方と相続人全員の情報を簡潔に(通常はA4用紙一枚)まとめたものです。

必要な書類を準備して管轄の法務局に提出すると無料で作成してもらえます。
この制度を利用すると各種の相続手続きを効率的に行うことが出来ます。
法定相続情報を使用しないで相続手続きを行うには、亡くなった方の戸籍(出生から死亡まで)・相続人の戸籍・附票など書類の束を各手続きごとに提出する必要があります。
昔はこの束を提出して手続きが完了したら返却してもらう作業を相続手続き毎に行う必要がありました。
この束を1枚の法定相続情報で代用することが出来るのです。

法定相続情報資料:東京法務局
https://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/page000425.pdf

相続手続きは難しいと思われがちですが、自分で進めることができます。法定相続情報を10枚ほど準備しておけば、亡くなった方の不動産、年金、税金、金融機関、保険会社などの相続手続きが楽に出来ます。戸籍を読み解く必要が無いので、金融機関の方にも喜んでいただけるのではないでしょうか。
銀行や証券会社等の相続手続きを専門家に依頼することは可能ですが、お金をかけずに自分でやってみようとお考えの方は、この制度の利用をおすすめいたします。

法定相続情報だけ作成依頼も可能

法定相続情報を作成する為の戸籍等収集や申請書作成は法律に関する知識が必要なので少し難しいかもしれません。その部分だけ専門家に依頼するという方法もあります。
当事務所では不動産の相続登記の依頼をいただいた方には基本的に法定相続情報を作成しております。
亡くなった方が不動産をお持ちで無い場合でも、法定相続情報だけ作成のご依頼が可能です。

PAGE TOP